Food

たけのこの下処理を写真付きで完全解説!

  1. HOME >
  2. Food >

たけのこの下処理を写真付きで完全解説!

悩美さん
悩美さん

たけのこのアク抜きとか全然知らないよ。

家で簡単にできるの?

たけのこの下処理は意外とかんたん!

「たけのこを貰ったけどどうやったらいいのか。。」

たけのこの下処理って、手間がちょっとかかるだけでかんたんなんです!

それに、家で皮付きたけのこを使うとすっごく香りも味も最高。

今回は写真付きで丁寧にたけのこの下処理をご説明いたします^^

今回のテーマについて、YouTubeに音声をアップしてあります☆よろしければ下記のリンクから入ってみてください。

◆目次
・❶たけのこの下処理を写真付きで完全解説!
・❷おつまみにもピッタリ!たけのこのベニエ☆
・❸たけのこ豆知識
 ・3-1.たけのこのレキシ📚
 ・3-2.一分で分かる!たけのこの栄養と注意点💡
・❹最後に

1.たけのこの下処理を写真付きで完全解説!

ゆで方にはいろいろあります💡

米ぬかを入れてゆでる方法

重曹を入れてゆでる方法

米のとぎ汁でゆでる方法

でも、米ぬか、重曹がいつもある家は少ないんじゃないでしょうか。

今回は、家に大体あるであろう《米のとぎ汁》を使ってゆでていきます!

では早速スタート☆

かえる
かえる

材料

・たけのこ(皮付き)
・米のとぎ汁
・タカの爪(赤唐辛子)

1.まず、たけのこは水で洗います。

2.洗ったら余分な皮を少し剥いて、舌の固いとことも切っておきましょう。

3.たけのこの上の部分を斜めにカットします。上は食べられないので捨てます。

4.縦に切り込みを入れます。(半分くらいまで)これで火が通りやすくなります。

5.鍋にたけのこ、たっぷりの米のとぎ汁、タカの爪をいれて強火で沸騰させます。足らなければ水を足してください。

6.沸騰したら落しブタをして、弱火でコトコト40分くらいゆでます。

7.金串、竹串などスッと通るようになったらOKです^^常温で少しそのまま置いておきましょう。

8.冷めたら手で皮を剥いて、あとは好きに使えます☆

思ったより簡単!
私でも出来そう☆

注意ポイント

たけのこは取ってから時間がたつにつれどんどん固く、アクも強くなります。なるべく早くゆでておきましょう。

2.おつまみにもピッタリ!たけのこのベニエ☆

たけのこは揚げ物にするとさらにえぐみが抜けるんです!

今回はフレンチの技法ベニエ(日本の天ぷらみたいな感じ)にしていきます!

材料

  • たけのこ
  • ベニエ生地
  • 抹茶塩(抹茶と塩をお好みで合わせてください。まぜるだけです。分量が難しければ抹茶2:塩1で大丈夫☆)
★ベニエ生地の分量
・小麦粉 100g
・片栗粉 30g
・ベーキングパウダー 10g
・塩 少々
・サラダ油 少々
・水 適量

作り方

1.たけのこは食べやすいように好きな大きさに切ってください。

2.ベニエ生地を作ります。分量の材料を全部まぜるのですが、ポイントは最後に水を少しずつ入れていって、濃度は重ためにしてください。

ポイント

ホットケーキミックスの生地くらいの濃度が丁度いいです。

3.鍋に油を入れて、火にかけます。160℃に設定してください。

4.たけのこに生地をつけて揚げていきます。大体2~3分で、サクっと揚がります。大きさにもよるので1個揚げて食べてみてください☆

5.皿にもって抹茶塩をかけて完成です!

天つゆで食べてもおいしいですよ!
ベニエなのでタルタルソースで食べるのもアリです☆

かえる
かえる
カエルアシスタント
カエルアシスタント

こんなおつまみ最高だな!

3.たけのこ豆知識

たけのこは竹の若い芽で、実はイネ科なんです。食べるのは土から出てくる前か少しだけ出ているものになり。主に日本、中国などの亜熱帯で取れるものは食材として使われます。

竹の種類は70種類以上あるのですが、食べられるのはほんの数種類だけです。

春の風物詩として有名ですが旬は3~5月と、春から初夏にかけてになります。

たけのこは10日ほどで竹に成長するので、早く取らないと固くて食べられなくなります。

メモ

ラーメンに入っているメンマは竹で、中国や台湾にある麻竹(マチク)から作られています。

3-1.たけのこのレキシ📚

日本では古来、竹林がある各地域で食用とされてきました。

一般的に食べられている「孟宗竹」は中国江南地方が原産地で、日本へは江戸時代中期の1740年頃に伝わりました。

中国→琉球→薩摩→江戸という感じに全国に広まりました。

孟宗竹が日本に伝わったのは江戸時代ですが、「古事記」にもたけのこの記載があり、奈良時代からなじみのある食べ物だったようです。

3-2.一分で分かる!たけのこの栄養と注意点💡

たけのこは食物繊維がたっぷりです!食物繊維の塊といってもいい食材。

ビタミンB1、B2、カリウムなども含み、

整腸作用、動脈硬化予防、大腸ガン予防、糖尿病予防、利尿作用などの効果があります。

注意ポイント

ただし、アクが強いので食べ過ぎると吹き出ものやアレルギーに似た症状を起こすことがあるので注意です!どんな食べ物にも言える事ですが、適度に食べましょう^^

4.最後に

たけのこはまっすぐにのびることから縁起物とされてきました。

どんなことがあっても太陽に向かってのびるたけのこは、仏教の教えにもつながっています。

日本には四季があります。四季折々の食材を食べて、体でも季節を感じていきたいですね。

おいしく旬のたけのこを食べて、のびのびと成長していきましょう☆

最後まで見て頂きありがとうございました☆

カエルアシスタント
カエルアシスタント

じゃあ!

またね!

かえる
かえる

2020/5/22 かえる

-Food
-,

Copyright© 食ラボ , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.